ページ内容

JCB対応最優良カジノ

JCB対応オンラインカジノの最優良ボーナス

JCBのボーナス

JCBカードはすべてのオンカジで対応されているわけではないものの、入金に用いた際の特典は他の入金方法と一切遜色ありません。マッチボーナスも、フリースピンボーナスも、同じようにもらえます。

Wazamba
ウェルカムボーナス:最大$500までの + フリースピン200回
Casino Gods
ウェルカムボーナス:1,200$ + フリースピン200回

JCBカードでの入金によるリアルマネーオンラインカジノでのプレイ方法

  1. JCBカードを作る

    オンラインカジノへの入金はカード番号だけでできますが、オンラインでJCB独自の認証手続きが発生する場合があります。インターネットアカウントも作り、ネット決済用の暗証番号の設定なども済ませておきましょう。

  2. カジノを選んで入金

    当サイトのJCB対応オンラインカジノ一覧から、ボーナス、ゲームの品揃えなどを考慮しつつ好きなサイトを選んで入金。掲載しているカジノは、もちろんSSLで安全対策万全のところのみなので個人情報漏洩の心配は無用です。

  3. プレイして賞金獲得

    入金が済んだら、好みのゲームを見つけてプレイ。一攫千金派ならジャックポットゲーム、戦略派ならテーブルゲームと、プレイスタイルは人それぞれ!

  4. 賞金を出金

    獲得した賞金は、もちろん現金として出金可能。ただし、クレジットカードを通して銀行口座に振り込む方法は、ほぼすべてのオンラインカジノで採用されていません。資金洗浄防止の法規制への対応によるものです。電子ウォレットや、サイトが対応していれば仮想通貨での出金となります。

JCB対応カジノに関する一般情報

JCB対応カジノに関する一般情報

JCBは、1961年に三和銀行と日本信用販売が共同で設立した純国産カード会社。

プラスチック製のカードや米国で使われていたカードのサイズを採用し、いち早く国際化を見据えた発展を遂げました。

1961年からは早くも口座引落に対応することとなり、いまでは日本において世界規模のVISA、Mastercardに引けを取らない充実のサービスを展開しています。

海外にも積極的に進出しており、東南アジアなどでは対応する加盟店が年々増加しています。オンラインカジノでの普及もその発展の努力の一面と言えるでしょう。

JCB概要
🔎 種類 非公開
🏭 分野 その他金融業
📅 設立 1961年1月25日
🏠 本社 日本 東京都
🌍 対象エリア ヨーロッパや東南アジアの一部
👨 主要人物 (CEO) 浜川一郎
💳 製品情報 クレジット/デビットカード, 決済システム
💰 売上高 313億7800万円(2021年03月31日時点)
👥 従業員数 4,375名
📌 公式サイト www.global.jcb
JCB決済サービスの詳細

JCB決済サービスの詳細

JCBカードでオンカジに入金する際の利点は、カード番号の入力だけで一切の手続きが済んでしまうところ。わざわざATMにでかけたり、入金してから決済したりする、などの必要もありません。

あっという間に支払いができ、使用した金額は月末にまとめて引き落とし、この手軽さがJCBカードによる入金の最大の魅力です。

前述のとおり、JCBに限らずクレジットカードへの出金はどこのオンラインカジノでも対応していないため、出金用の電子ウォレットや仮想通貨は必須になります。入金方法としてのみに使える、便利度最強の決済手段と捉えておきましょう。

JCBカードによる入金に課される手数料

JCBカードによる入金に課される手数料

極稀に、JCBを含むカード決済に1%~2%の入金手数料を課すオンカジがありますが、これはどちらかと言えば少数派。こう言うカジノでは入金額に対し発生する手数料と、電子ウォレット経由での手数料(振り込みや為替手数料)を比べておきましょう。

ほとんどのカジノでは、JCBだからといって余計に手数料をチャージすることはなく、決済時のレートにすべての手数料が含まれています。平均で2%程度の為替手数料はかかりますが、日本円対応のカジノなら為替手数料も不要です。

JCB入出金にかかる時間

入出金にかかる時間

JCBカードでのオンラインカジノへの入金は、ほぼ秒で完了します。長くても1時間程度でアカウントに資金が反映されます。

繰り返しになりますが、出金はできません。

JCBサポートの質

サポートの質

JCBは信販会社であり、直接サポートを提供するのはカード会社になります。

日本のカード会社であれば、ほぼすべてにコールセンターが設置されているので、もし問い合わせがあればそちらに連絡することになります。

不明点があっても日本語で問い合わせることが出来るので、その点においても頼もしい決済方法だと言えるでしょう。

JCBカードのモバイル版とアプリ

JCBカードのモバイル版とアプリ

JCBカード自体としてアプリは提供していませんが、カード会社が提供するアプリがある場合があります。

もちろん、アプリが開発されていない場合もありますが、その場合はウェブブラウザでアクセスできるのでモバイル環境でも使用に問題はありません。出先でいつでも、思い立った時に決済してすぐにプレイを始められます。

JCBカード入金のメリット・デメリット

  • メリット

  • 利用ポイントが貯まる
  • いつでもどこでも決済可能
  • モバイルで入金手続き可能
  • 即時入金反映
  • リミット

  • SSL対応サイトとは言え、個人情報の入力が必要
  • 利用額はしっかりと把握する管理が必要
  • カードへの出金ができない
  • 現物のカードの紛失に注意

JCB・オンラインガイド:カジノへの入金方法は?

ここでは、JCBを支払い方法として提供しているカジノをご紹介しています。まず、より良いカジノを選び、アカウントを作成してください。

ステップ1 - 自分のアカウントにアクセスします。

JCB:カジノへの入金方法は

ステップ2 - その後、オンラインカジノの銀行決済に進みます。

JCB:カジノへの入金方法は

ステップ3 - JCBのロゴを目印に、支払い方法を選択します。

JCB:カジノへの入金方法は

ステップ4-5 - 入金したい金額を正確に入力し、ボタンを押して確定してください。

JCB:カジノへの入金方法は

ステップ6 - カード番号、有効期限、CVC(セキュリティ)番号などのカード情報を入力し、送信してください。

JCB:カジノへの入金方法は

まとめ

JCBカードは日本で普及している純国産カード。日本を元気にしよう!と応援するなら、純国産カードを使うときの気分も盛り上がるかも?

入金はほぼ即時反映、カードへの出金はできないものの、利便性が極めて高い決済手段と言えるでしょう。

紛失にさえ気をつければ、いつでもどこでもオンカジにアクセスするための頼もしいパートナーとなります。貯まった利用ポイントの使い道も、とっても楽しみ!

その他の注目JCB対応オンラインカジノ

JCBカジノ

ここでは他にも、当サイトが自信を持っておすすめできるJCB対応オンラインカジノを掲載しておきます。極稀に1~2%の決済手数料を貸すところがありますが、基本手数料は無料。入金が即時反映される、利便性の高いJCB決済でストレスなくオンラインカジノでのプレイを満喫しましょう。ただし出金は別の電子ウォレットなどへの対応となりますのでご注意を。

Casino Gods
ウェルカムボーナス:1,200$ + フリースピン200回
Wazamba
ウェルカムボーナス:最大$500までの + フリースピン200回
Casumo
ウェルカムボーナス:$1,000 + フリースピン300回

その他の決済方法

支払い

MasterCard

Mastercard(マスターカード)も日本で浸透しているクレジットカード。大手のVISAと遜色なく至るところで利用できます。

ecoPayz

ecoPayz(エコペイズ)は、2000年にイギリスで生まれた歴史ある電子マネーサービス。

Bitcoin

数年前に盛り上がり始めた時、日常生活で使われるとは予想もされなかったビットコイン。今ではオンラインカジノでも対応されるようになり、業界でもホットな話題となっています。

Bank Transfer

仮想通貨とか、ウォレットとか、…よくわからん!シンプルな銀行振込でいいじゃないか!と言う、古風ながらもやはり慣れ親しんだ決済方法でオンラインカジノをプレイしたい、そんなユーザーも根強く存在しています。

Venus Point

Venus Point(ヴィーナス・ポイント)は、2016年に生まれたオンラインウォレット。正確には、金銭に相当するポイントを保管できるウォレットです。

AstroPay

イギリスに拠点を持つAstroPay(アストロペイ)、オンライン決済に便利なバーチャルプリペイドカードサービスです。

よくある質問

JCBカード、お得に遊べる?

JCBカード専用の入金ボーナスもまれに見ますが、基本的に入金においては手段を問わず同じボーナスが進呈されます。カードの利用ポイントは、個別にカード会社側で貯まっていきます。

JCBカード、番号覚えておけば紛失しても良くね?

いえいえ、カードを紛失すると第三者に悪用される可能性があるので、必ずカード会社に申告して再発行してもらうようにしましょう。

JCBカード、いくらでも使える?

利用額の上限は個人の信用状況により変わってきますが、一般的に数百万円単位になります。もちろん返済する必要がある前借り金なので、資金管理には十分気をつけてください。特に、リボ払いでの返済はおすすめできません。リボ払いは利息が高く、永遠に返しきれない恐れのある返済方法です。