オンラインスロット7 Monkeys (提供:Pragmatic Play)

スロット詳細

ソフトウェア
レイアウト
5-3
ペイアウト率
92.7%
ジャックポットゲーム
リリース日
2015
ライン数
7
ボラティリティ
スキャッターシンボル
仕様
JS, HTML5
リール数
5
マックスウィン
150x
ワイルドシンボル
最小ベット
0.07
フリースピン
スタックドシンボル
カジノスロットの種類
スロットのテーマ
密林
最大ベット
35
ボーナスゲーム
マルチプライヤー

7 Monkeysをプレイするならココ!

7 Monkeysのプレイの実際

Pragmatic Play(プラグマティック/プレイ)より2015年6月にリリースされたタイトル。固定7ペイラインのため、ベット額は$0.01スタートながらも7倍の$0.07~となります。RTPは92.71%、最大賞金ポテンシャルはベット額の150倍とかなり控え目。とは言えボラティリティは低~中となっており、ボーナス消化にもってこいなタイトルに仕上がっています。

ハイローラー的には、賞金ポテンシャルとRTPからして正直物足りないかも。ただし使い方によっては化ける可能性もあるので、デモゲームでフィーリングをチェック!

ボーナスフィーチャー

ゲームシンボル

シンボルは至ってシンプル、スロットのタイトルはモンキーとなっているけれどルール説明ページではバブーンになってる…絵からしても、猿というよりかはヒヒですね、これ。色の違うヒヒがペイライン上に3つ以上でそれぞれ配当発生します。ワイルドは、当たりの一部となればワイルドからも配当があるのがウレシイ。

ボーナス&フリースピン

バナナシンボルがボーナスシンボルになっており、場所を問わず画面上に3つ以上現れればフリースピン獲得。5つ止まると3倍マルチプライヤー付きの150フリースピンも手に入る!このイベントにどれだけ入れるかがハイローラーにとっての分かれ目。

7 Monkeysの強みと弱み

フィーチャーも複雑でなく、ゲームルールも至ってシンプル。ビギナーがオンラインスロットとはなんぞや、どのようなタイミングでゲームを止めるべきか?など研究題材にピッタリ。難しいことはよくわからない!と言う場合でも、ボーナス消化用にまず少しプレイしてみるのもオススメ。

RTPと最高賞金額の設定はハイローラーには少し物足りないかも。フィーリングはデモプレイで確認!

  • メリット

  • シンプルなゲームプレイ
  • 小役がじゃんじゃんヒットするイケイケ中低ボラティリティ
  • 当たりの一部となればワイルド自体からも賞金獲得
  • リミット

  • 高額配当は期待できない
  • RTPが92.71%と低め

まとめ

シンプルな構成でヒット率が高く、細かい当たりがじゃんじゃん期待できるのが7 Monkeys。ボーナス消化用にもおすすめのイケイケタイトルです。

よくある質問

7 Monkeys、稼げる?

机上の理論ではハイローラーには向いていませんが、タイミングをしっかり管理できればプラスに持っていくこともできるかも。

当たり頻度は?

中低ボラのスロットだけあって、頻度は高いです。

RTPは納得?

RTPはかなり低めに見えますが、賞金ポテンシャルが低く抑えられていることがその理由。細かい当たりで賞金を長持ちさせながらボーナス消化に向いていると言えます。

ジャックポットは?

このタイトルにはジャックポットはなく、高額賞金も期待できないでしょう。

どこに注目?

シンボルは色に分かれていて識別しやすく、目で追いやすいのもビギナー向けと言えます。