2

IGTのスロットと提供カジノ

IGTは1990年に創業。「ゲーミングに多彩さを」をテーマに、ビンゴ、スクラッチ、ライブディーラー、ルーレット、カードゲームそしてスロットなどの幅広いラインナップを誇る古参企業です。従業員は12,000人規模を誇り、イギリスを拠点に世界100カ国以上260以上のオンラインカジノでそのゲームが提供されています。

IGTのゲームは無料でお試しプレイが出来るので、当サイトのリンクからぜひチェックしてみてください。好みやフィーリングは人それぞれなので、本当に楽しめるかどうか、リアルマネーでリスクを取る前に確認しておくのは必須!この記事では企業やゲームの取り揃えに関する一般情報をまとめています。

ページ内容

IGT提供無料スロット

スロットリスト

IGT提供スロットを取り揃えるカジノ

PlayOJO Logo

評価: 6.1/10

  • ● 日本人が利用しやすい環境を完備
  • ● ボーナスの賭け条件なし
  • ● イギリスではナンバーワンの実績

2023年ベスト IGT スロットトップ10

  1. Triple Hot Ice(ペイアウト率:96.6%、マックスウィン:2,000x)
  2. Regal Riches(ペイアウト率:96.3%、マックスウィン:3,333x)
  3. Loaded 7s(ペイアウト率:96.26 %、マックスウィン:600x)
  4. Cash Melon(ペイアウト率:96.1%、マックスウィン:50x)
  5. Wheel of Fortune Power Wedges(ペイアウト率:96.1%、マックスウィン:10,000x)
  6. Treasure Box Kingdom(ペイアウト率:96.02%、マックスウィン:10,000x)
  7. Fortune Coin Boost(ペイアウト率:95.10%、マックスウィン:8,000x)
  8. Cleopatra(ペイアウト率:95.02%、マックスウィン:500x)
  9. Snowy Secrets(ペイアウト率:94.9%、マックスウィン:83,000x)
  10. Mistress of Egypt MegaJackpots(ペイアウト率:92.5%、マックスウィン:1,000x)

IGTのこれまで

IGTの正式社名はInternational Gaming Technology、創業は1975年までさかのぼります。公開企業となったのは1981年、カジノ界隈では最も古参企業と言えるでしょう。その古さだけあって、どちらかと言えばビンゴやロトなどクラシックなカジノゲームを得意としています。

業界で初めて、ビデオポーカーを制作したのも実はIGT。2000年以降、実り多き合併を繰り返し、今日のマンモス企業として成長を遂げました。

IGTの一般情報

IGTの一般情報
📅 設立 1990
🏠 本社 Marble Arch House、66 Seymour Street、Second Floor、London W1H 5BT
🤵 主要人物 (CEO) Renato Ascoli, Vincent Sadusky
🎰 ゲームの種類 無料スロット、ブラックジャック、ルーレット、スクラッチカード
🎲 平均ゲ 200+
🧑‍🤝‍🧑 従業員数 ~10,000
📌 公式サイト www.igt.com

ゲームのバラエティ

IGTはスロットやポーカーを始め、幅広い多くのゲームジャンルをカバーしています。クラシックなジャンルに強みを持つIGTのゲームをご紹介致しましょう。

🔸 ビデオポーカー

コンピュータを相手にプレイする史上初のポーカーマシンはIGTが生み出しました。戦略を実際に検証したりするのに最適なゲーム機となっています。

🔸 スロット

ランドベースのカジノにもマシンを提供してきたIGT、その技術の蓄積がオンラインでも花開いています。もちろん、無料デモプレイも可能です。

🔸 ルーレット

3つのホイールを同時にスピンさせるスリー・ホイール・ルーレットなど、クラシックなゲームにもパンチを利かせて、エンタメ要素を高めたゲームのラインナップです。

IGT - ゲームのバラエティ

IGT提供スロット最人気タイトル

IGTのスロットは、どちらかと言えば標準5リール3段、3x4x5x4x3フォーマットなどのクラシックなリール構成が多めです。往年のランドカジノの雰囲気を残しながら、多彩なフィーチャーやアクション、ボーナスイベントで楽しめます。

ここでは、よく取り上げられる名作タイトルをピックアップしてご紹介!

🔸 Balloonies(バルーニーズ)

RTPは96.23%、シンボルが下から登場する変わり種スロット。1~20,000のコイン設定で、最大20ラインにベット出来るハイローラーも納得のベットレンジ。5リールでアクションが繰り広げられ、ヒット率は高くなっています。

🔸 Wolf Run(ウルフ・ラン)

RTPは94.48%、ボーナススピン中にはワイルドがスタックし、フリースピンも最大255回まで再トリガー。爆発力の高い待ち系スロットの名作です。

🔸 Baywatch(ベイ・ウォッチ)

RTPは96.25%、5リール3段15ペイラインのスタンダードフォーマット。TVシリーズがテーマになっています。波の絵のワイルドが拡大し、リールを覆い尽くすことも!

🔸 Siberian Storm(シベリアン・ストーム)

オオカミがモチーフになった3x4x5x4x3のひねりのあるフォーマット。ライン毎にベットを設定できるもののボラティリティは中~高なので、待ちのスロットとなっています。忍耐力が必要ですが、ハイローラーには一攫千金のチャンス!

IGTのスロッ
スロッ名前 リリース日 スロットの種類 ライン数 リール数 ペイアウト率 スロットのテーマ フリースピン ボーナスゲーム
Balloonies 2016 ビデオスロット 20 5 96.23% アニメーション ✔ ✔
Wolf Run 2014 ビデオスロット 40 5 94.48% 冒険 ✔ ✖
Baywatch 2016 ビデオスロット 15 5 96.25% 映画 ✔ ✖
Siberian Storm 2011 ビデオスロット 720 3 94.3% 自然 ✔ ✖
Wishwood 2017 ビデオスロット 20 5 96.3% ファンタジー ✔ ✖

IGTの信頼性

IGTはイギリス・ギャンブリング・コミッション(UKGC)とマルタ・ゲーミング・オーソリティ(MGA)のライセンスをはじめ、世界中で450近くのライセンスを取得。さすがは古参企業、ライセンス問題も信頼の数字で堂々の運営をしています。

IGA (International Gaming Awards) では、Best Slot Manufacturer(最優秀スロット製作メーカー)賞、さらにCasino Player MagazineによりBest of Gaming(最優秀ゲーミング)部門での受賞を経験しています。

五郎 松田

著者: 五郎 松田
  • 59 articles

ブランディング戦略、デジタルマーケティング、アカウントマネジメントなど、マーケティングのあらゆる業務を担当とする主力メンバー。ゲーミング業界のテクノロジーに強く、ギャンブルオペレーター、システムサプライヤー、ゲームデベロッパー、ギャンブルライセンス関連の仕事に携わり、業界の規制動向やコンプライアンスにも造詣が深い。15年にも渡る経験とその見識の深さにより多くのプロジェクトを成功に導いている。

よくある質問

IGTのスロットの強みは?

クラシックな雰囲気でフィーチャーやアクションを目一杯楽しむことができるのがIGTの強み。どちらかというとスタンダードなスロットを楽しみたいというプレイヤー向けなので、ランドカジノファンにとっては入り込みやすいと言えるでしょう。

IGTのスロット、勝てる?

極端に低いRTPのスロットはありませんが、ゲームごとにボラティリティが設定されているのでそこを考慮しておけば勝ちに行くことは十分可能です。高ければ一攫千金系の待ちスロット、低ければヒット率の高いにぎやかなアクション、と捉えておきましょう。

IGTの他のゲームは人気?

ランドカジノでは不動の地位を築いてきたIGT。オンラインカジノでもプレゼンスが高いですが、サイトによってはまったくゲームを取り扱っていない場合もあるので、当サイトのIGTが遊べるオンカジをチェックして、まずは無料ゲームをプレイしてみることをおすすめします!